吉野ヶ里町 yoshinogari-town

情報詳細

吉野ヶ里町ホーム > 一覧を見る > 情報詳細

2019年05月07日
佐賀県内で麻しん(はしか)患者の発生がありました
令和元年5月5日(日)に、佐賀県内で麻しん(はしか)患者の発生がありました。
麻しん(はしか)と思ったら事前に医療機関へ連絡して受診してください。

 【麻しんの症状】
感染すると約10日〜12日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。
2〜3日熱が続いた後、39度以上の高熱と発疹が出現します。

麻しん患者が利用した施設等の詳細については、佐賀県ホームページに掲載されています。
佐賀県ホームページ (https://www.pref.saga.lg.jp/list00546.html
「麻しん(はしか)患者の発生がありました(令和元年(2019年)5月6日)」

※麻しんワクチンを接種されている方は、感染するリスクは低いです。
 麻しんワクチンによる免疫獲得率 
 ・1回接種 93〜95%以上
 ・2回接種 97〜99%以上



  

このページのトップへ