吉野ヶ里町 yoshinogari-town

社会資本整備総合交付金

吉野ヶ里町ホーム > まちづくり > 社会資本整備総合交付金

社会資本整備総合交付金について
 「社会資本整備総合交付金」は、国土交通省所管の地方公共団体への補助金を一つの交付金とし、地方公共団体にとって自由度が高く、創意工夫を生かすことを目的として平成22年度に創設されました。都市基盤施設の効率的・計画的な整備を実施するため、地方公共団体が作成した社会資本総合整備計画に基づき、基幹事業(ハード事業)のほか、関連する整備事業や、基幹事業と一体となって効果を一層高めるための事業(ソフト事業等)を総合的・一体的に支援する制度となっています。

 また、平成24年度には「社会資本整備総合交付金」に加え、地域の防災・減災、安全を実現するため、地域住民の命と暮らしを守る総合的な老朽化対策及び事前防災・減災対策の取組みや、地域における総合的な生活空間の安全確保の取組みに特化して集中的に支援する制度として、「防災・安全交付金」が創設されました。


社会資本総合整備計画について

 社会資本整備総合交付金により事業を実施しようとする地方公共団体は、社会資本総合整備計画を作成し、国土交通大臣に提出することとされています。(社会資本整備総合交付金交付要綱第81

 また、合わせて、地方公共団体は、社会資本総合整備計画を作成した時は、これを公表することとされています。(同第101

【社会資本整備総合交付金】

吉野ヶ里町における都市環境の整備及び公共用水域の水質保全

【防災・安全社会資本整備交付金】

吉野ヶ里町における防災・安全の下水道事業計画(防災・安全)


社会資本総合整備計画事後評価について
 社会資本整備総合交付金では、事業実施前の計画段階で目標となる数値目標を設定し、達成状況などの確認をすることが義務付けられています。
 
事後評価は、社会資本総合交付金がもたらした成果等を客観的に検証して、今後のまちづくりのあり方を検討し、事業の成果を町民の皆さんに分かりやすく説明することを目的とするものです。
 町では、社会資本整備総合交付金制度を活用して、平成23年度から平成27年度までの5年間で、下水道の未普及対策等を実施してきました。

 このたび、社会資本総合整備計画における目標の達成状況や、今後の取組みについてまとめた「事後評価書」を公表いたします
【吉野ケ里町/事後評価】吉野ケ里町における都市環境の整備及び公共用水域の水質保全.pdf



このページの作成者・お問合せ先

吉野ヶ里町役場 建設事業課上下水道係          
住所:〒842-0193 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町三津777番地           
電話:0952-37-0348  FAX:0952-53-1106            
Eメール:
kensetsujigyo@town.yoshinogari.lg.jp

 



 

このページのトップへ