吉野ヶ里町 yoshinogari-town

吉野ヶ里町教育支援センター「ほうゆう」

吉野ヶ里町ホーム > 教育・スポーツ・文化 > 学校教育 > 吉野ヶ里町教育支援センター「ほうゆう」

 
  吉野ヶ里町教育支援センター「ほうゆう」  
 

青色は空緑色は大地赤色は空と大地の間に充満しているあたたかいエネルギーを表しています〜


☆「ほうゆう」はいつ開設されたの?
  
 〇「ほうゆう」は、平成28年4月から開設しています。場所は東脊振公民館の2階です。
 
  【東脊振公民館】      
      【ほうゆう入口】
     
 

  【くつろぎの場】             【学習の場】
      


☆「ほうゆう」はどんな人が利用できるの?
  
 〇吉野ヶ里町立の小中学校の児童生徒です。
 〇心理的・情緒的要因により、学校へ長期間登校できない児童生徒です。
 〇本人と保護者が入級を希望し、教育長が入級を認める児童生徒です。


☆「ほうゆう」とはどういう意味なの?

 〇漢字で書くと「朋友(ほうゆう)」と書きます。「朋」は同門、「友」はともだちのことです。
   お互いに学びあい教えあう仲間であり、お互いの人格を尊重しあう場です。
 〇英語にすると「For you」となります。
   「あなた方のためのセンターで、安心して過ごすことができる場」ということを意味しています。


☆「ほうゆう」はどんなところなの?

 〇「ほうゆう」は…
   ・安心して学習や活動ができるところです。
   ・自分でその日の学習や活動の計画を立てます
   ・できること(可能性)を広げるところです。
     できることが広がることで、自信がつき成長につながります。
   ・自立心や社会性を育むことが目的です。


☆「ほうゆう」はどんな支援をするの?

 〇子供たちの心のエネルギーを少しずつ高めていき、生活の自立や学校復帰を促していきます
 〇ひとりひとりの気持ちや考えを尊重し、無理のない学習や活動をします。
 〇学校や家庭との連携を取りながら、学校復帰を支援していきます。


☆「ほうゆう」の開級期間・時間はどうなっているの?

 〇開級期間は、基本的に在籍学校に準拠します。長期休業中も週3日程度は開級しています。
 〇開級時間は、8時30分から16時です。
   ・来る時間は自由ですが、15時までには来てください。
   ・帰る時間は自由です。
   ・体調などに配慮し、無理のない時間帯に来てください。
 〇昼休みは12時から13時です。お昼をまたがる時は、各自「お弁当」をご持参ください


☆「ほうゆう」での学習はどうやってするの?
 
 〇「ほうゆう」に来たら、自分で学習・活動の計画を立て、学習・生活記録用紙に記入します。
   その計画に従って学習します。
 〇自学・自習が基本です。分からないことがあれば、支援員が一緒に調べたり考えたりします。
 〇学習教材は主に教科書、学校で使用しているワークや配布されたプリントなどが中心になります。
   「ほうゆう」で作成したプリント(社会・英語、いずれも中学生用)も用意しています。


☆「ほうゆう」に入級するための手続きはどうなっているの?

 〇「ほうゆう」への入級については、以下の手順です。
   ・見学・ご相談のお申込み…事前に電話連絡をお願いします。
     ↓
   ・面談…お子様の状況をお尋ねします。
     ↓
   ・体験通級…1〜2週間程度の体験通級です。個人の状態に応じて継続する場合があります。
     ↓
   ・入級のための申請…以下の手順となります。
     1.保護者の方は在籍校の校長へ「入級届」を提出してください
       (「入級届」の様式については、下記お問い合わせ先までご連絡ください)
     2.在籍校の校長から吉野ヶ里町教育委員会へ「入級依頼書」が提出されます
     3.吉野ヶ里町教育委員会から在籍校の校長へ「入級通知書」を発行します
     4.それをもって、在籍校の校長から保護者の方へ「入級のお知らせ」をお渡しします
     ↓
   ・正式入級

「ほうゆう」に関するお問い合わせ先
☆各学校長

☆吉野ヶ里町教育委員会 学校教育課(中央公民館内)
  TEL:0952-37-0339(直通) FAX:0952-52-2521

☆吉野ヶ里町教育支援センター「ほうゆう」(東脊振公民館内)
  TEL:0952-52-3499(直通) FAX:0952-37-0355
  【教育支援員】吉川


 
  まずは「ほうゆう」へ“見学”や“ご相談”においでください。  
 
このページのトップへ