吉野ヶ里町 yoshinogari-town

令和元年度吉野ヶ里町職員採用統一試験

吉野ヶ里町ホーム > 令和元年度吉野ヶ里町職員採用統一試験

 
1 試験区分及び採用予定人員
試験区分 採用予定 職務内容
一般事務 若干名
各部局において一般事務に従事します
 
一般事務
(社会人経験者)
管理栄養士 1名 各部局において専門的職務に従事します

2 受験資格
試験区分 要件
一般事務 ・平成元年4月2日から平成14年4月1日までに生まれた者。
・住所・学歴は問いません。
一般事務
(社会人験者)
 ・昭和54年4月2日から平成元年4月1日までに生まれた者で民間企業等(官公庁を含む)での職務経験が、令和元年6月末現在で通算5年以上ある者
(注)職務経験には会社員等として6カ月以上継続して就業していた期間が該当し、フルタイムの正規社員等又は該当事業所におけるフルタイムの正規職員と週当たりの勤務時間が同じ勤務形態で就業していることが必要です。
(アルバイト、パートタイムの期間は除きます。)
職務経験が複数の場合には通算することができますが、同一期間内に複数の職務に従事した場合には、いずれか一つのみの職歴に限ります。なお、休業(傷病等による休暇休職、介護休業等)で実際に職務に従事しなかった期間が連続して30日以上ある場合は、その全期間を職務経験から除きます。
(ただし、産前産後休暇及び育児休業、勤務先の都合による休業は、職務経験に含みます。)
・住所・学歴は問いません。
管理栄養士 ・昭和54年4月2日から平成10年4月1日までに生まれた者。
・住所・学歴は問いません。
・管理栄養士免許を取得又は令和2年3月31日まで取得見込みの者。
次の各号に該当する人は受験できません。
  1.日本の国籍を有しない人
  2.成年被後見人又は被保佐人(準禁治産者を含む)
  3.禁固以上の刑に処せられ、その執行が終わるまで、又はその執行を受けることがなくなるまでの人
  4.本町の職員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない人
  5.日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、
           又はこれに加入した人
 
3 試験の日時、会場、方法及び合格者発表
  試験は、第一次試験及び第二次試験とし、第二次試験は第一次試験の合格者について行います。
(1) 第一次試験
      ア 試験日
      令和元年9月22日(日)  9時30分集合
   イ 試験会場
      佐賀県立佐賀工業高等学校 (佐賀市緑小路1番1号)
                ※応募者多数の場合、一部の受験者は会場を変更することがあります。
      ウ 試験の方法
試験区分 科目 時間 内容
一般事務

管理栄養士
教養試験
120分
10:00〜12:00
高校卒業程度の一般的知識及び知能についての5肢択一式40題の筆記試験
性格
特性検査
20分
12:20〜12:40
公務員に求められる規範性・指導性・積極性等の資質特性をみる3肢択一式150題の検査
一般事務
(社会人経験者)
教養試験
75分
10:00〜11:15
社会についての関心や基礎的・常識的な知識、職務遂行に必要な基礎的な言語能力・論理的思考力を検証する4肢択一式60題の筆記試験
性格
特性検査
20分
11:40〜12:00
公務員に求められる規範性・指導性・積極性等の資質特性をみる3肢択一式150題の検査
【教養試験】(一般事務・管理栄養士)
●時事、社会・人文、自然に関する一般的知識を問う問題(20題)
●文章理解、判断・数的推理、資料解釈に関する能力を問う問題(20題)
 ※古文、哲学、文学、芸術等、国語の出題はありません。

【教養試験】(一般事務(社会人経験者))
●社会への関心と理解(24題)
●言語的な能力(18題)
●論理的な思考力(18題)
 

エ 第一次合格者発表
      令和元年10月中旬(予定)に、合格者を本町役場(三田川庁舎)に掲示するほか、本人に通知します。
 
(2) 第二次試験
        ア 日時及び会場
                令和元年10月下旬から11月上旬に行う予定です。
                日時及び会場は、第一次試験合格者に通知します。
        イ 試験の方法
試験区分 科目 時間 内容
 全区分共通  
作文
60分
思考力、論理性及び文章による表現力等を総合的に判断する筆記試験(一般的課題を出題)
面接
15分〜20分
 職員として適する人物かどうかを評価する個別面接
集団討論 30分  5〜6名で一般的課題に対して討論を行い、時間内で一定の解答(まとめ)を導く
パーソナリティ
検  査
35分  マークシートによる2択により、性格特徴、意欲・態度、気質類型を測定
事務能力
検  査
40分
 マークシートの択一式により「照合」「分類」「言語」「計算」「読図」「記憶」の6つの能力について検査
 ※二次試験の内容については、現時点での予定であり変更される可能性があります。
(3) その他
     受験資格の有無、申込書記載事項の真否について調査します。
(4)   最終合格者発表
     令和元年11月下旬に本町役場(三田川庁舎)に掲示するほか合格者に通知します。
 
4 合格から採用まで
(1) 最終合格者は、それぞれ試験区分ごとに作成される採用候補者名簿に登載されます。名簿の有効期間は、令和2年4月1日から原則として一年間とします。なお、名簿に登載されても必ず全員が採用されるとは限りません。
 
(2) 採用は、欠員補充等必要が生じた場合行うことになりますが、特定の勤務地、勤務箇所を強く要望している場合又は成績が下位の場合等は採用が遅れたり、採用されない場合もあります。
 
5 給与
 給与は、行政職1級5号給(現行給料月額149,600円)が支給されます。その他、期末・勤勉手当、時間外勤務手当、通勤手当、住居手当、その他の手当が該当者に支給されます。(ただし、経歴等により、前記の額以上になる場合があります)。
 
6 受験手続及び受付期間
(1) 申込書等の請求
     申込書及び試験案内は、本町役場で交付します。
     (三田川庁舎(総務課) 東脊振庁舎(総合窓口)にて交付します。)
     郵便で請求する場合は、封筒の表に「採用試験申込書請求」と朱書し、必ず120円切手を貼った、
              宛先明記の返信用封筒(角型2号)を同封してください。
(2) 申込先及び申込手続き
     申込書に必要事項を記入し、写真欄に平成31年4月以降に撮影した本人の写真を貼って、
             本町役場総務課に提出してください。
(3) 受付期間
     令和元年7月16日(火)から令和元年8月16日(金)まで、土・日曜日、祝祭日を除く8時30分から
              17時15分まで受付けます。
     ※ 郵送の場合は、令和元年8月16日(金)までの消印のあるものに限り受付けます。
 
7 問い合わせ先
吉野ヶ里町役場 総務課 人事係
〒842−8501
住所 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田321番地2
電話 0952−37−0330
このページのトップへ