○吉野ヶ里町古紙等集団回収推進事業補助金交付要綱

平成18年3月1日

告示第11号

(趣旨)

第1条 町長は、ゴミの減量化及び地域の古紙等回収による資源の有効利用並びに生活環境美化意識の向上を図るため、町民が参加する各種の団体が行う古紙等の集団回収事業に対し、予算の範囲内において補助金を交付するものとし、当該補助金については、この要綱に定めるところによる。

(補助金交付対象団体)

第2条 補助金交付の対象となる団体は、古紙等回収によるごみの減量化の趣旨を理解し、定期的かつ継続的にできる子供クラブ、女性会及び老人クラブ等の公共的な団体で、あらかじめ、古紙等集団回収推進事業実施団体登録申請書(様式第1号)により町長に申請し、適当と認められた団体(以下「交付対象団体」という。)とする。

(対象品目及び搬入先)

第3条 補助金の対象となる品目は、一般家庭から回収された新聞紙、雑誌、段ボール、古着、アルミ缶、スチール缶、トレイ、ペットボトル、ペットボトルキャップ、牛乳パック、廃食用油、雑がみ類(以下「新聞紙等」という。)とする。

2 搬入先は、吉野ヶ里町リサイクルセンターとする。

(補助金の額)

第4条 補助金の額は、活動人員の人数に応じ、別表に規定する補助限度額とする。

(補助金の交付申請)

第5条 交付対象団体は、補助金の交付を受けようとするときは、新聞紙等の回収後に古紙等集団回収推進事業補助金交付申請書(様式第2号)を速やかに町長に対し、提出しなければならない。

(補助金の交付決定)

第6条 町長は、前条の申請書を受理した場合は、その内容を審査し、適当と認めたときは、補助金の交付額を決定し、その旨を古紙等集団回収推進事業補助金交付決定通知書(様式第3号)により申請者に通知するものとする。

(補助金の請求)

第7条 補助金の交付決定の通知を受けた交付対象団体は、町長に対し、古紙等集団回収推進事業補助金交付請求書(様式第4号)により当該補助金の交付を請求するものとする。

(交付決定の取消し又は返還命令)

第8条 町長は、補助金の交付を受けたものが、次の各号のいずれかに該当するときは、補助金の交付決定を取り消し、又は既に当該補助金の交付を受けている場合は、補助金の返還を命ずることができる。

(1) 虚偽その他不正の手段により、補助金の交付を受けたことが判明したとき。

(2) 前号に掲げるもののほか、適正な使用と認められないとき。

(補助金交付台帳の整備)

第9条 町長は、この補助事業に関する必要事項を把握するため、古紙等集団回収推進事業補助金交付台帳(様式第5号)を作成するものとする。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、町長が別に定める。

附 則

(施行期日)

1 この要綱は、平成18年3月1日から施行する。

(経過措置)

2 この要綱の施行の日の前日までに、合併前の三田川町古紙等集団回収推進事業補助金交付要綱(平成11年三田川町要綱第1号)の規定によりなされた処分、手続その他の行為は、この要綱の相当規定によりなされた処分、手続その他の行為とみなす。

附 則(平成20年告示第2号)

この要綱は、平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成28年告示第72号)

この要綱は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年告示第24号)

この要綱は、公布の日から施行する。

別表(第4条関係)

活動人員

補助限度額

10人以下

3,000円

20人以下

6,000円

21人以上

9,000円

画像

画像

画像

画像

画像

吉野ヶ里町古紙等集団回収推進事業補助金交付要綱

平成18年3月1日 告示第11号

(平成29年3月29日施行)