吉野ヶ里町 yoshinogari-town

固定資産税

吉野ヶ里町ホーム > くらしのガイド > 税金 > 固定資産税

 
固定資産税(町税)

 このページでは固定資産税に関する情報を掲載しています。

トピックス(お知らせ)
制度概要
各種特例及び減免制度
■ 申告等様式 ←現在ページ改修中です
■ 証明等 ←現在ページ改修中です
 
 


<トピックス(お知らせ)> ※ご覧になりたい項目をクリックしてください。詳細をPDFで表示します。

平成30年度は固定資産(土地・家屋)の評価替えの基準年度です
 ・平成30年度固定資産(土地)の評価額の傾向
◇ 住所(納税通知書の送付先)に変更はありませんか?←現在ページ改修中です

 

<固定資産税 制度概要>

 固定資産税は、賦課期日(毎年1月1日)現在において固定資産(土地・家屋・償却資産)を所有している方にその固定資産の価格を基に算定された税額をその固定資産の所在する市町村に納めていただく税金です。

 ◇納税義務者
 賦課期日(毎年1月1日)現在において、吉野ヶ里町内に土地・家屋・償却資産をお持ちの方です。

 ◇税額の算出方法及び税率
 【税額】 = 課税標準額 × 税率<1.4%  ※吉野ヶ里町は、標準税率を採用しています。

  • 課税標準額
    原則として、固定資産課税台帳に登録された『価格』が課税標準額となります。
    しかし、住宅用地のように課税標準の特例措置が適用される場合などは、課税標準額は価格よりも低く算定されます。
  • 価格
    固定資産の価格は、総務大臣が定めた固定資産評価基準に基づいて行われた固定資産の評価により町長が決定し、毎年3月31日までに課税台帳に登録します。

 ◇免税点
 町内に同一人が所有する土地、家屋、償却資産のそれぞれの課税標準額が次の金額に満たない場合には課税されません。

土   地 30万円
家   屋 20万円
償却資産 150万円
 

 ◇届け出
 
土地及び家屋の利用状況などの変更、家屋の新築及び増築並びに滅失及び損壊があった場合は届けてください。

 ◇納期
 5月から翌年2月までの4期(5月、7月、12月、2月)。
 納期限は、各月の末日(12月は25日、12月25日や月末が休日の場合は翌日)です。

 

<各種特例及び減免制度> 

◇土地・家屋

● 新築住宅減額【制度概要

● 耐震・バリアフリー・省エネ改修工事を行った住宅に対する減額【制度概要

● 固定資産税の減免【制度概要・関係様式】 ←現在ページ改修中です

● 住宅用地及びその他の特例措置【制度概要・関係様式】 ←現在ページ改修中です

● 道路非課税【制度概要・関係様式】 ←現在ページ改修中です

● 住宅建替え中の土地に対する特例措置【制度概要・関係様式】 ←現在ページ改修中です

◇償却資産

● 先端設備等導入計画に基づいて取得した新規設備の課税標準の特例について【制度概要

 

このページの作成者・お問合せ先

吉野ヶ里町役場 税務課 資産税係
  
住所:〒842-8501 佐賀県神埼郡吉野ヶ里町吉田321番地2 
電話:0952-37-0334  FAX:0952-52-6189  Eメール:zeimu@town.yoshinogari.lg.jp

このページのトップへ